喫煙者は要注意

喫煙者は要注意

タバコは「一害あって百利なし」と言われているくらいに、身体に良いことはありません。

中性脂肪とタバコって全く関係のないように感じますが、実は多く関係をしているんです。

研究の結果では、タバコの煙を吸い込むことで中性脂肪が増えるという結果が出ています。タバコには身体の有害となる物質が多量に含まれています。

ニコチンは悪玉コレステロールの合成を促進させ、善玉コレステロールを減らす働きがあります。

そして中性脂肪が増加し血栓を作りやすい環境にしてしまうのです。血管が詰まってしまえば、心筋梗塞・脳卒中・脳梗塞・脳出血など、大病を患ってしまい命を落とすことにもなりかねませんよね。

またお酒とたばこを飲んでいれば、その確率はそれ以上高くなってしまうのです。

喫煙者のいる家庭の方で、自分はタバコを吸っていないから大丈夫だとおもっている方もいるかもしれませんが、実は喫煙している本人よりも、その煙を吸ってしまう周りの人のほうが有害度は高いんですよ。

タバコを吸っている人でなくても、家族に喫煙者がいる方は、中性脂肪値を検査するようにしましょう。今タバコが社会問題にもなっている時代です。

レストランなどでも、喫煙と禁煙で席が湧かれていますし、駅や空港などの公共の場でも喫煙が当たり前になっています。

またタバコの価格も年々値上がりをしていますので、この機会に禁煙をしてみてはいかがでしょうか。自分のためだけではなく、家族のためにもタバコはやめたほうが良いのかもしれませんよ。

中性脂肪を下げる方法メニュー