アルコールと中性脂肪

アルコールと中性脂肪

中高年者が生活習慣病にかかってしまう一つに、アルコールの摂取が問題視されています。アルコールの摂取が中性脂肪値を高くしてしまう理由一つには、脂肪肝ということが問題なのです。

適度な飲酒(ビールならば中瓶2本程度)であれば、アルコールは善玉であるHDLコレステロールの値を高く保つ働きがあります。でもサラリーマンであれば、この適度の飲酒というのがなかなか出来ないんですよね。

アルコールは摂取しすぎると、肝臓に中性脂肪を蓄積し、肝脂肪の原因となってしまうのです。アルコールを飲むと肝臓で中性脂肪が合成されます。

中性脂肪の合成のピークはアルコールを飲んでから12時間後です。合成された中性脂肪は肝臓から身体の各部の組織に運ばれますが、肝臓から運び去られるまでに、さらに12時間かかってしまうのです。

ですから毎日飲酒をしていれば、休むことなく中性脂肪を合成することになりますから、肝臓の中性脂肪処理能力を超えてしまうために、脂肪肝をもたらすことになってしまうのです。

本来ならばアルコールの摂取はしないほうが良いのですが、仕事をしているとそんなわけにもいきませんよね。そのために必要なのが「休刊日」です。週に2日ほど肝臓を休めてあげるようにすれば、脂肪肝を防ぐこともできます。

できることならば1日のアルコール摂取量も控えるようにしてくださいね。また飲酒をするときには、脂っこいおつまみを食することが多いので、おつまみにも十分に注意をしてください。

中性脂肪を下げる方法メニュー