血液も太るんです

血液も太るんです

私たち人間は、体重が増えたり、今までに着ていた洋服がきつくなったりすると、「太った」と実感します。

そして「太った」と感じたらダイエットをしたりしますよね。でも太るのは身体だけではないんですよ。

血液も太ってしまうことがあるのです。血液が太ると言葉で言われてもピンときませんよね。

血液が太るという事は、血中に中性脂肪やコレステロールが溜まってしまう状態をいいます。

実際に体重は増えていなくても、血中の中性脂肪やコレステロールの数値が高ければ、血液だけが太ってしまった隠れ肥満になっているんです。

血中太りはとても危険です。血中太りの場合、なんの自覚がないために、今までと同じ生活をします。

これは食生活や日常生活などです。そして長期間血中太りでいることで、生活習慣病となってしまいやっと自覚症状が現れるのです。

隠れ肥満の多くの方は、何らかの症状が発覚してから、自分が隠れ肥満だったという事に気が付きます。

それは動脈硬化からくる心筋梗塞・脳出血・心不全・心筋梗塞など、大きな病気で命にかかわる大病です。

この病気が軽度のものならば、「これから改善する」ということもできますが、重度であれば命を落とすことになってしまうかもしれませんよね。

そんな隠れ肥満にならないためにも、日常生活を見直すことが必要なのです。

とくに男性は検査を受けることを嫌がりますが、定期的な検査を受けることが一番の対策でもありますので、面倒くさがらずに必ず定期的に検査を受けるようにしましょう。自分のためだけではなく、家族のためにも自己管理はしっかりと行いましょう。

中性脂肪を下げる方法メニュー